船橋の観光ガイド・歴史・アミューズメント・文化施設・船橋の見どころなどを紹介します。

船橋NAVI
船橋のイベント


船橋NAVI > 船橋のさまざまな変化

船橋のさまざまな変化

● 船橋ヘルスセンター


1955年、東京湾に湧き出た温泉を中心とした娯楽施設として、

船橋ヘルスセンターが誕生しました。

「チョチョンのパ」♪のTVCMとともに全国にその名を馳せ、近県

はもとより、遠方からも来園するほどの人気をほこっていました。


成田山新勝寺への参拝ついでに立ち寄る家族連れも多く、ピーク

時には年間400万人の来園者を記録しています。


しかし1970年代に入り、レジャーが多様化したことにより、来場

者数が減少し、1977年に22年間の歴史に幕を閉じました。


そして昭和56年4月、その跡地に巨大な船橋ショッピングセンタ-

「ららぽーと」がオープンしたのです。

 

● 船橋御殿跡


1615年、徳川家康が東金・佐倉方面にシカ狩りに出かけた際、

船橋に宿泊するため、海老川沿いの広い敷地に、船橋御殿が建

てられました。


船橋御殿には、2代将軍秀忠も宿泊・休憩しましたが、それ以後、

将軍家の東金周辺でのシカ狩りは行われずに、船橋御殿は廃止

されました。そしてその跡地の中心に、家康を祭る小さな東照宮

が建てられました。

 

● 京成線船橋駅 高架化完了


テレビなどでもよくとりあげられる 「開かずの踏切」 として有名な、

「京成船橋駅踏切」。交通渋滞や通勤の難関として迷惑がられて

いた踏み切りでしたが、ついに2007年11月に全高架化完了!


「京成船橋駅踏切」がなくなる日には、最後の姿を納めようとカメラ

を持った大勢の市民が集まり、惜しまれつつ役割を終えました。

 

● 船橋50万都市への歩み


船橋市は昭和36年に高根台団地の入居がはじまり、その後50万

坪もの海面を埋め立てて日の出・栄町・西浦を誕生させました。


そして数年間の間に、市川と10万人もの人口の差をつけ、現在に

至るまでその差を維持し続けています。


しかし市内の人口は今のところ増加傾向にありますが、平成26年度

をピークに減少すると考えられています。 また、それに伴い急激な

少子高齢化が進行するとも言われています。

 


船橋NAVI トップページ

 

Copyright © 船橋NAVI 〜 船橋地域情報サイト 〜 All Rights Reserved.